FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お世話になります。

迫田工務店の迫田です。

インフルエンザが猛威を振るう中
とうとう我が家にも昨日上陸・・・。

子供がA型と診断され
隔離状態になっています。

手洗いうがい、マスク着用、規則正しい生活、バランスのとれた食事・・・

上げればきりがないですが
自分の身は自分で守らねばっ!!

さて

今日は「見えないところをお見せしますシリーズ」です。

お客様からの依頼で

「洗面台のシャワー水栓の吐水が四方八方に飛び散って
廻りが水浸しになるので何とかして欲しい」


とのご依頼が・・・。

現場調査へ伺いますと
シャワー水栓の吐水フィルターが
こんな状態に・・・。

010525b03c460afae1335053e01ffa35ff220e7a7d.jpg

中心部分に緑色の異物が確認できます。
この異物がフィルターやシャワーの穴を目つぶしした状態になり
吐水の不具合の原因となっていたんですね。

配管の中の錆や工事中に紛れ込んだゴミが
フィルターに詰まっていることはよくあることで
その場合は一回掃除してやれば
元通り、吐水も安定するのですが
今回のこの場合は違います。

この緑の異物は
いくらでも出てきます・・・。

掃除しても掃除しても次から次へと・・・

「一体どこから???水道局へ問い合わせたほうがいい???」

などと思われるかもしれませんが
それは間違いです。

これは
今はもう会社がなくなってしまった
とある水栓メーカーのシャワー水栓に限り見られる症状なのです。

先が伸びるようになってるシャワー水栓のホースの内側の
樹脂の塗膜が剥がれているのが原因です。

ですので
修理の方法としては
ホースの交換、
もしくは水栓ごと交換するしかありません。

もともとホースの内側に使われている材料ですから
人体に害はないと思われますが
気持ちのいいものではありませんよね。

シャワー水栓の吐水がおかしいな?
と感じたら調べてみられたらいいと思います。

では。

015ebf5b826036fc81972a51ad744ce4bb476a2501.jpg
スポンサーサイト
今日は

給水装置配管技能者という資格の実技検定でした。

これが来年から難しくなるとの噂…。

忙しさにかまけて
ずっと先延ばしにしていた資格なんですが
ならば今年のうちに取っておこうと…。

「来年から難しくなる、と言うことは今年は楽なのか」


って軽い気持ちでしたが
これが結構大変でした。

普段現場でやってる職人さんと違って
工具の使い方ひとつとってみても
慣れてないですから。


なので柄にもなく
朝から緊張してました。

検定前のセッティング
HI3H0115.jpg

緊張をほぐすために
ちゃっかり写真を…。



結果は・・・・・・・




12月5日発表です。




いい結果ならご報告します。
先日は資格試験の講師でしたが

今日は生徒。

今回の資格は実技技能検定ですので

今日は今週土曜日の本番へ向けて


実技の事前練習講習会でした。



丸一日


慣れない作業でクタクタです。


もう精一杯でしたので写真なんて撮る余裕ありません。


けど、現場の大変さがわかるし


スキルアップにもなるし


何より口だけ人間になりたくないので

やることはやっておきたいんですよね。


若いうちに。



若くないけど・・・。




というわけで今日は

汗と油にまみれ頑張ってきました。



決戦は今週土曜日。



時間見つけて練習、練習!!






筋肉痛が・・・・・・・・。

H様邸リフォームも中盤。

昨日ユニットバス設置を完了し

本日、お施主様に部分的なお引渡し。

今夜から自宅で新しいお風呂に入って頂けます。

DSCN0402.jpg

ピカピカのユニットバスです。





ただ脱衣場の仕上げはまだこれから。

なので外から見るとこんな感じ・・・
DSCN0401.jpg

ただ床などは下地の段階とはいえ
しっかりしてますので
入浴は充分できます。

浴室解体から4日間、不自由をお掛けしましたが
最短で設置完了出来ました。

思えば今週の火曜日までは
DSCN0372.jpg

こんな感じでしたからね。


断熱浴槽の裏側も丸見えです。
DSCN0403.jpg

何はともあれ工事前半の目標地点である
お風呂の使用開始を予定通り迎えました。

次なる目標地点はトイレの使用開始。

古いトイレをギリギリまで解体せず残しておいて
新しいトイレを別の場所に仕上げます。

今日から10月、

気候も良いので現場もはかどっています!




「どうも排水の流れがよくない」
「いくら洗浄してもすぐ詰まる」

ってよく聞く話です。

20年以上の団地でよくある原因がこちら。
DSCN0351.jpg

安佐北区三入南の団地です。

屋外の排水桝です。
画像ではわかりにくいですが
桝とパイプの継ぎ目に隙間が出来ています。

これは桝底のコンクリート部分が経年で痩せてしまって
起こる現象。
このタイプの桝はほぼ9割以上でこの症状が現れています。

ここに汚物や髪の毛がひっかかり蓄積してしまうのです。
症状がひどくなりますと
排水が隙間から地下へ浸透しっぱなし、とか
蓄積した詰まり物が溢れて地上へ出てくるなど、
なんともオゾマシイ光景に出くわすことも多々あります。


そこで

小口径桝へお取替をお勧めしています。
DSCN0392.jpg


このように塩化ビニル製のものに取り換えることで
隙間が出来るようなことはありませんし
ジョイント部分から木の根が侵入してくる心配もありません。

点検や掃除などもほとんど必要なく
メンテナンス製にも優れています。

景観もスッキリです。
DSCN0393.jpg

こちらの団地だけでも年に5~6案件、
取替のご依頼を頂いております。

発覚はやはり詰まってしまって流れなくなったから。



そうなる前にご自宅の排水桝も点検されてみては?



状況にもよりますが
1個取替につき10,000円~18,000円。

数が増えると1個当たりの単価が下がりますので
やられるのであればすべての桝を取り替えられることを
お勧めします。


今日は以上です。
プロフィール

KUNIKAZE

Author:KUNIKAZE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。