FC2ブログ
今日はお取引先である(有)建人さんの施工の新築住宅の
先行配管現場行ってきました。

DSCN0555.jpg

昼過ぎに行ったのですが
もうほぼ終わってました・・・。

先行配管とは

新築の建物の基礎工事が完了した段階で

建物回りの埋設配管、

そして建物の中(1階の床下部分)の配管をすることです。

このあと

外部足場が組み上がり

いよいよ大工さんたちの手で

上棟となるわけです。

DSCN0556.jpg

DSCN0560.jpg

今回の物件は
長期優良住宅のため

基礎貫通配管部分が
このようにさや管工法となっています。
DSCN0552.jpg


と言っても写真じゃわからないですよね・・・。



いつもはコンクリートで埋まってしまう部分が
埋めないので
メンテナンス性能に優れています。

それにさや管内は伸縮性のある材料ですので
免震性能にも一役かっています。

ずーっとずーっと未来の「もしも」の事にまで気を配った施工と言えます。


家が完成してしまえば見えなくってしまうところですが
だからこそ大事な部分です。


来年2月の完成が非常に楽しみです。

完成イメージパース
和田 外観パースPL07
スポンサーサイト
プロフィール

KUNIKAZE

Author:KUNIKAZE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ