FC2ブログ
お世話になります。

迫田工務店の迫田です。

たまには水道屋さんらしいお話を。

水道管を工事するには
水を止めなければいけません。

水道管には常に圧力がかかっており
そのおかげで蛇口を開けると水が勢いよく出てくるわけです。

既存の水道管を延伸や分岐したい場合には
どうしてもバルブ(止水栓)を閉めてから
工事をする必要があります。

ところが現場によってはこのバルブが無かったり
老朽化で水が止まらない事があります。

そんな時はどうするのか?

ビニールパイプの場合ですと
管挟(カンサ)とう手があります。

文字通り
管を挟んでつぶして水を止めます。

HI3H0232.jpg

こんな感じ…
HI3H0236.jpg

完全につぶれているのがわかりますか?

これで水がせき止められましたので
管を切断。
HI3H0233.jpg


そして管を延長し
いつでも水が止めらるように新しい止水栓を取付けます。


HI3H0240.jpg

この日は新築工事用の仮設水道設置。
無事、完了しました。

最後につぶした管を元に戻し
エスケーという材料で管を保護。
HI3H0239.jpg


通水してすべて完了です!!



皆さんの足元。

土の中のお話でした。

では。


迫田工務店ホームページ
スポンサーサイト
プロフィール

KUNIKAZE

Author:KUNIKAZE
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ